Cakewalk // Documentation // SONAR X3 // コンピング
目次 前へ 次へ 索引

プロジェクトの編集 ► コンピング

最高のパフォーマンスを録音するために使用できるさまざまな方法があります。コンピングとは、複数のテイクを録音し、各テイクの一番良いところを結合して最終的な1つのトラックを作成する方法です。
list-image
コンピング録音モード:SONARのデフォルト録音モードはコンピングと呼ばれます。録音中に、そのトラックに以前に録音したデータを聞くことはできません。録音が終了すると、新しく録音されたデータがミュート解除され、その他のすべてのテイクは新しい録音データの範囲のみミュートされます。各テイクはそれぞれ個々のテイクレーンに表示され、最新のテイクが一番上になります。詳細については、コンピング録音モードおよび録音モードを参照してください。
list-image
手動コンピング:トラックにテイクレーンが表示されている場合、スマートツール またはコンピングツール を使用して重なり合うテイクをアイソレートできます。テイクをクリックするかドラッグするだけで、同じトラックで重なり合っている他のすべてのテイクがミュートされます。詳細については、スマートツールおよびコンピングツールを使用したコンピングを参照してください。
list-image
高速コンピング:複数テイクの録音後に、個々のテイクを試聴し、キーボードショートカットキーを使用して他のテイクの試聴をしてから、使用するテイクを選択できます。詳細については、高速コンピングを参照してください。
A:コンプクリップ  B:テイク
Copyright © 2020 Cakewalk, Inc. All rights reserved
Sitemap | Privacy Policy | Legal