Cakewalk // Documentation // SONAR X3 // テイクの録音
目次 前へ 次へ 索引

プロジェクトの編集コンピング ► テイクの録音

テイクとはトラックに入れられる新しいデータのことです。これは録音されたオーディオまたはMIDI、ドラッグされてきたループ、またはインポートされたファイルの場合があります。トラックにデータがある場合、そのトラックには少なくとも1つのテイクレーンがあります。新しいテイクごとに新しいテイクレーンが1つ作成されます。
1.
編集|環境設定|プロジェクト|録音を選択するか、録音ボタン を右クリックして環境設定ダイアログの録音設定を開きます。
2.
録音モードコンピングを選択します。
3.
ループ録音で、全テイクを一つのトラックに保存を選択します。OKをクリックして、環境設定ダイアログを閉じます。
5.
テイクレーンを表示するには、ターゲットトラックのテイクレーン・ボタン をクリックします。
6.
トラックの録音ボタン をクリックし、トラックを録音待機にします。メモ:既存のテイクレーンではなく、親トラックを録音待機にすることが大切です。
8.
タイムルーラを右クリックして表示されるメニューから選択範囲をループ区間に設定を選択します(または Shift+Lキーを押します)。コントロールバーのループモジュールで選択範囲をループ区間に設定ボタン をクリックして設定することもできます。
9.
10.
録音が終わったら、停止ボタン をクリックします。
2.
テイクレーンを表示するには、トラックのテイクレーン・ボタン をクリックします(またはShift+Tキーを押します)。
3.
先頭のレーンのテイクレーンを追加ボタン をクリックして、新しい空白のテイクレーンを作成します。
4.
新しいテイクレーンの録音ボタン をクリックし、レーンを録音待機にします。
5.
6.
録音が終わったら、停止ボタン をクリックします。
Copyright © 2020 Cakewalk, Inc. All rights reserved
Sitemap | Privacy Policy | Legal