目次 前へ 次へ 索引


MIDIは、Musical Instrument Digital Interfaceの略で、電子機器やコンピューターで他の機器を制御するシステムです。MIDIは大きくとらえると、MIDIメッセージというコマンドのセットであり、電子機器で特定のサウンドを特定の時間で発音されるようにし、指定したスタイルでサウンドを再生させます。MIDI機器はプレイヤーピアノのように機能しますが、穴のパンチされた紙のロールを使用する代わりに、MIDI機器はソフトウェアプログラムまたはノートのオン/オフを行う他のMIDI機器を必要とします。MIDIを録音するときには、録音する機器のサウンドを録音する必要はありません。機器を再生したい方法で機器を再生するためのコマンドを録音します。たとえば、Cakewalkソフトウェアの録音中にMIDIキーボードのキーを押した場合、ソフトウェアは特定のノートが押され、リリースされたことを記録し、ノートの実際のサウンドは録音しません。録音を再生する際、ソフトウェアはMIDI機器を制御し、サウンドを録音した際の時間でノートのオン/オフを行います。MIDIノートは、楽譜作成プログラムで読み取りおよび表示できます。CD、Waveファイル、およびMP3で使用されるサウンドフォーマットであるデジタルオーディオは表示できません。MIDIデータを記録した後にCakewalkソフトウェアを使用してMIDIデータをデジタルオーディオに変換してCD、MP3、またはWindows Mediaファイルを作成できます。
MIDIは、デジタルオーディオと比較すると、長所と短所が存在します。MIDIファイルは、オーディオファイルよりはるかに容量が小さいです。なぜならMIDIデータは、機器の実際のサウンドではなく、機器を再生するためのコマンドのみで構成されているからです。通常1つ以上のMIDIファイルを、フロッピーディスクにコピーできます。MIDIファイルは容易に電子メールで送れます。MIDIファイルは、スタンダードMIDIファイルというフォーマットで保存することができ、それを開いて様々なプログラムで使用できます。MIDI音楽は、必要なだけ遅く録音し、ソフトウェアでテンポを変更し、好みのテンポにすることができます。これに対してオーディオファイルは、音質を大幅に変化させずに再生するには、録音されたときと大体同じテンポで再生する必要があります。MIDIファイルは、小さく、また実際のサウンドではなくコマンドのみを編集しているので、編集およびトランスポーズが容易です。MIDIファイルは、標準の音符またはリードシートとして印刷できます。MIDI音楽は、オーディオのように自然に演奏するのは困難です。MIDI音楽は、リアルタイムで録音しなければ機械的な音になりがちです。たとえば低価格なサウンドカード内蔵シンセサイザーのブラス、ストリングスやギターなどのアコースティックサウンドの楽器などのMIDI機器は、人工的に聞こえる場合があります。しかし、MIDI器機のパーカッシブサウンドなどは、かなりよく、実際のドラムセットなどより録音が容易です。また、様々な楽器音源の録音(サンプル)を使用するハードウェアまたはソフトウェアサンプラーもMIDIデータを再生できます。
Copyright © 2022 Cakewalk, Inc. All rights reserved
Sitemap | Privacy Policy | Legal