Cakewalk // Documentation // SONAR X3 // ウィンドウの透過
目次 前へ 次へ 索引

ウィンドウの管理 ► ウィンドウの透過

1.
編集|環境設定を選択して環境設定ダイアログを開き、キーボードショートカットを選択します。
2.
3.
バインドするキーを選んだら、バインド対象欄でグローバルを選択します。
4.
機能のリストの下の方にあるウィンドウの透過をクリックして選択し、続けてバインド・ボタンをクリックします。
5.
キーと機能が黒い線で結ばれ、バインドされたことを示します。必要なら、すべてのプラグインを透過コマンドにも、同様にキーをバインドしてください。
6.
OKをクリックしてダイアログを閉じます。
1.
編集|環境設定コマンドを実行して環境設定ダイアログを開き、カスタマイズ|表示をクリックし、透過を有効にするチェックボックスをオンにします。
2.
ピアノロールビューを透過にするときは、ビューをフローティングにします。ピアノロールビュー左上のアイコンをクリックし、表示されたメニューからフローティングを実行します。メニューにフローティング解除と表示される場合は、すでにフローティングの状態です。
メモ:アクティブになっているプラグインのすべてのキーストロークをプラグインで使うボタン がオンになっている場合、ウィンドウを透過にすることはできません。
1.
編集|環境設定コマンドを実行して環境設定ダイアログを開き、カスタマイズ|表示をクリックします。
list-image
透過を有効にする:ウィンドウ透過機能を使うときにオンにします。
list-image
不透明度:+/-ボタンをクリックするか、値を入力して、透過状態の不透明度を調節します。
list-image
フェードアウトタイム:+/-ボタンをクリックするか、値を入力して、透過するときにかかる時間を指定します。
list-image
フェードインタイム:+/-ボタンをクリックするか、値を入力して、透過状態から復帰するときにかかる時間を指定します。
3.
OKをクリックしてダイアログを閉じます。
1.
ユーティリティ|Cakewalk Plug-in Managerをクリックして、プラグインマネージャを開きます。
2.
プラグインの種類ウィンドウで、除外するプラグインの種類を選択します。
3.
登録済みのプラグインのリストから、プラグインを選択します。
VST、VSTiの場合は、VST IDの文字列をコピーします。
5.
6.
SONARのプログラムフォルダにあるxrayexclude.iniを開きます(メモ帳を使います)。
7.
ファイルの最後にある[EffectProps View]セクションまでスクロールします。
8.
任意のプラグインの透過機能をオフにするときは、[EffectProps View]セクションに以下のエントリを追加します。
たとえば、[EffectProps View]セクションの最後が以下のようになっている場合、
ウィンドウの透過機能からSonitus:fx Delayを外す場合、空のリンクを作った後に、次のように入力してください。
Sonitus:fx DelayのVSTバージョンもある場合、さらに一行追加します。
9.
Xrayexclude.iniを上書き保存して、SONARを起動してください。
Copyright © 2022 Cakewalk, Inc. All rights reserved
Sitemap | Privacy Policy | Legal