Cakewalk // Documentation // SONAR // コントロールバーの概要
目次 前へ 次へ 索引

コントロールバーの概要

*
表示メニューのコントロールバーをクリックします。
A:ツールモジュール B:スナップモジュール C:トランスポートモジュール D:ループモジュール 
E:ミックスモジュール F:ACTモジュール G:スクリーンセットモジュール H:ミックスリコールモジュール 
I:パフォーマンスモジュール J:パンチモジュール K:セレクトモジュール L:マーカーモジュール 
M:イベントインスペクタモジュール N:シンクモジュール O:カスタムモジュール
*
ツールモジュール:ツールモジュールでは、グローバルツールを選択し、分解能を入力できます。詳細については、ツールモジュールを参照してください。
*
スナップモジュール:スナップモジュールでは、スナップの設定ができます。詳細については、スナップモジュールを参照してください。
*
トランスポートモジュール:トランスポートモジュールには、録音、ゼロに戻る、巻き戻し、停止、再生、早送りの標準コントロールがあります。詳細については、トランスポートモジュールを参照してください。
*
ループモジュール:ループモジュールでは、ループの設定ができます。詳細については、ループモジュールを参照してください。
*
ミックスモジュール:ミックスモジュールでは、ミュート、ソロ、録音待機、エフェクトのバイパスおよびオートメーションの再生/記録の設定ができます。詳細については、ミックスモジュールを参照してください。
*
ACTモジュール:ACTモジュールでは、コントロールサーフェスと、エフェクトやプラグインシンセでのやり取りの方法が設定できます。詳細については、ACTモジュールを参照してください。
*
スクリーンセットモジュール:スクリーンセットモジュールでは、スクリーンセットのプリセット(ウィンドウレイアウト)を保存して再利用することができます。詳細については、スクリーンセットモジュールを参照してください。
*
ミックスリコールモジュール:ミックスリコールモジュールでは、現在のプロジェクトの複数のミックスを保存し、呼び出すことができます。詳細については、ミックスリコールモジュールを参照してください。
*
パフォーマンスモジュール:パフォーマンスモジュールでは、CPU、ディスク、メモリの使用状況を監視できます。詳細については、パフォーマンスモジュールを参照してください。
*
パンチモジュール:パンチモジュールでは、パンチ録音の設定ができます。詳細については、パンチモジュールを参照してください。
*
セレクトモジュール:セレクトモジュールでは、選択設定ができます。詳細については、セレクトモジュールを参照してください。
*
マーカーモジュール:マーカーモジュールでは、マーカーに従ってナビゲーションができます。詳細については、マーカーモジュールを参照してください。
*
イベントインスペクタモジュール:イベントインスペクタモジュールでは、選択したクリップやイベントを変更できます。詳細については、イベントインスペクタモジュールを参照してください。
*
シンクモジュール:シンクモジュールでは、同期の設定ができます。詳細については、シンクモジュールを参照してください。
*
カスタムモジュール:カスタムモジュールでは、さまざまなSONARコマンドをボタンに割り当てることができます。詳細については、カスタムモジュールを参照してください。
次のいずれかを実行します。
*
特定のモジュールの表示/非表示を切り替える:コントロールバーを右クリックし、モジュール > <名前>を選択します。
*
モジュールを非表示にする:モジュールを右クリックし、<名前>モジュールを閉じるを選択します。
*
すべてのモジュールを表示する:コントロールバーを右クリックし、すべてのモジュールを表示を選択します。
A:グリッパー
*
1つのモジュールのサイズを変更する:モジュールを右クリックし、[モジュール名]モジュールのサイズを変更するをポイントして、希望のサイズを選択します。
*
すべてのモジュールのサイズを同時に変更する:コントロールバーを右クリックし、すべてのモジュールのサイズを変更するをポイントして、希望のサイズを選択します。
ヒント:コントロールバー全体をすばやく折りたたんだり、展開するには、Shift+Cキーを押します。詳細については、コントロールバーを折りたたむを参照してください。
*
自動:なるべくすべてのモジュールが同時に見えるように、コントロールバーのモジュールを自動的に縮小し、折りたたみます。コントロールバーの左の方にあるモジュールは、フルサイズを維持できるように優先され、右の方にあるモジュールは、必要に応じて縮小と折りたたみが行われます。コントロールバーのサイズが変更されると、この自動サイズ変更が行われます。このオプションは初期設定です。
*
格納:モジュールを折りたたみ、モジュール名のみを表示します。折りたたまれたモジュールをクリックすると、一時的にポップアップモジュールを表示できます(折りたたまれたモジュールのコントロールを一時的に表示するを参照)。ポップアップモジュールは常に大きなフルサイズで表示されます。モジュールのコントロールを常に表示しておく必要はなくても、モジュールにすばやくアクセスしたい場合は、このサイズを使用します。モジュールを折りたたんでおくと、画面をすっきりとさせて、作業中のタスクに必要なコントロールのみを表示することができます。
*
小:最小限の数のコントロール(小さなコントロールレイアウト)を表示します。
*
中:使用可能なすべてのコントロールのサブセット(小さなコントロールレイアウト)を表示します。
*
大:これが最も大きなサイズであり、使用可能なすべてのコントロールをフルサイズで表示します。
A:折りたたまれたモジュール B:ポップアップモジュール
メモ2:折りたたまれたモジュールをポイントしても自動的にポップアップモジュールが表示されないようにするには、コントロールバーを右クリックし、オプションをポイントして、折りたたまれているモジュールを自動で開くオプションの選択を解除します。このオプションが無効になっている場合、ポップアップモジュールを開くには、折りたたまれたモジュールをクリックする必要があります。
マウスポインタをモジュールから外してもポップアップモジュールが自動的に閉じないようにするには、折りたたまれているモジュールを自動で閉じるオプションの選択を解除します。
Copyright © 2022 Cakewalk, Inc. All rights reserved
Sitemap | Privacy Policy | Legal