Cakewalk // Documentation // SONAR // プリセットとプロパティページ
目次 前へ 次へ 索引

ミキシングリアルタイムエフェクトを使う ► プリセットとプロパティページ

A:プリセットメニューに現在のプリセットの名前が表示される B:前/次のプリセットボタン C:プリセットを保存ボタン D:プリセットの削除ボタン E:VSTボタンのプリセット F:ACTラーニングボタン G:ビューを開く H:ソロボタン I:オートメーションの再生と記録ボタン J:すべてのキーストロークをプラグインで使用する場合はオン K:プラグインウィンドウを固定
プリセットメニューには、プリセットが以下の順で表示されます。
*
最近使ったプリセット:最大8個までの最近使ったプリセットが表示されます。次のセクションとの境界には仕切り線があります。
*
VSTファクトリプリセット:最近使ったプリセットの下には、VSTのファクトリプリセットが表示されます。次のセクションとの境界には仕切り線があります。
*
Cakewalk/ユーザープリセット:リストの一番下に表示されます。
表 178.  
list-image
プリセットメニューの右側にあるドロップダウンの矢印をクリックし、ドロップダウンメニューにあるプリセットの名前をクリックします。
list-image
VSTファクトリプリセット:これらのプリセットは削除したり上書きすることはできません(削除ボタンがグレーで表示されます)。これらの設定を変更して保存するときは名前を変更し、保存ボタンをクリックします。
メモ:VSTプリセットは、.fxpファイルを保存することで保管することができます(以下の手順を参照)。
list-image
Cakewalk/ユーザープリセット:新しい名前で保存する(名前をダブルクリックして新しい名前を入力)か、または保存ボタンをクリックして現在の値でプリセットを上書き保存します。
それぞれ、プリセットの読み込みまたはプリセットを保存コマンドを使います。
それぞれ、バンクロードまたはバンク保存コマンドを使います。
*
ビューを開くボタン:このボタンを使用すると、プラグインシンセの対応するMIDIトラック用のMIDI編集ビューを開くことができます。ドロップダウン矢印をクリックして、メニューからデフォルトの編集ビューを指定します。次のビューがあります。
*
オートメーションの再生と記録ボタン:これらのボタンはオートメーション再生とプラグインパラメーターの記録のオンとオフを切り替えます。詳細については、オートメーションを参照してください。
*
キーストロークボタン このボタンをオンにすると、プラグインのプロパティページにフォーカスがあるときに、すべてのキーストロークがプラグインに送信されます。
*
プラグインウィンドウを固定 このボタンを使用すると、別のプラグインウィンドウを開いても閉じないように、個々のプラグインウィンドウをピン留めすることができます。常にプラグインごとに別々のウィンドウが開かれるようにするには、編集 > 環境設定 > ファイル > VST プラグインを選択し、プラグインウィンドウのリサイクルチェックボックスをオフにします。
*
プラグインウィンドウのリサイクルが有効である場合に、Ctrl キーを押しながらプラグインを開くと、開いている他のプラグインウィンドウもすべてピン留めされます。
*
プラグインウィンドウのリサイクルが無効である場合に、Ctrl キーを押しながらプラグインを開くと、開いている他のプラグインウィンドウがすべて閉じられ、新しいプラグインウィンドウはピン留めされません。
ソロボタン はすべてのプラグインプロパティページにあり、プラグインの調整中に、エフェクトが挿入されているトラックまたはバスをすばやくソロにできます。このソロボタンは、ソーストラック/バスにあるソロボタンとまったく同じように機能します。
A: ソロボタン
メモ:シンセラックでソフトウェアインストゥルメントをソロにすると、ソロボタンはすべての関連するMIDIおよびオーディオトラックにも影響を与えます。
Copyright © 2022 Cakewalk, Inc. All rights reserved
Sitemap | Privacy Policy | Legal