Cakewalk // Documentation // SONAR // Track EQを使う
目次 前へ 次へ 索引

ミキシング ► Track EQを使う

A:クリッピングLED  B:QuadCurveイコライザー有効/無効  C:スタイル(Hybrid、Pure、E-Type、G-Type)  
D:グラフ  E:バンド有効/無効(低域、中低域、中高域、高域)  F:中心周波数  G:Q  H:レベル  
I:ハイバンドフィルタータイプ  J:カットオフ周波数(ローパス)  K:ローバンドフィルタータイプ  
L:カットオフ周波数(ハイパス)  M:ハイパスフィルター有効/無効  N:ハイパスフィルタースロープ(Q)  
O:グロス有効/無効  P:ローパスフィルタースロープ(Q)  Q:ローパスフィルター有効/無効 
図399. Curve EQ モジュール (Artist のみ)
A:クリッピングLED  B:カーブEQ有効/無効  C:グラフ  D:バンド有効/無効(低域、中低域、中高域、高域)  
*
トラックインスペクタでDisplayメニューをクリックして、ProChannelを選択します。
*
トラックインスペクタでDisplayメニューをクリックして、MixStripを選択します。
*
インスペクタでProChannel QuadCurve EQの表示/非表示を切り替えるには、インスペクタ表示部の上部にあるProChボタンをクリックするか、Ctrl+Iを押します。QuadCurve イコライザーの使用の詳細については、QuadCurveイコライザーモジュールを参照してください。
*
インスペクタでミックスストリップカーブEQの表示/非表示を切り替えるには、インスペクタ表示部の上部にあるMixStripボタンをクリックするか、Ctrl+Iを押します。カーブEQの使用の詳細については、Curve EQモジュールを参照してください。
A:Ctrlキーを押しながらソースEQグラフを左クリックします。 
B:Ctrlキーとマウスの左ボタンを押しながらターゲットEQグラフにドラッグし、マウスボタンから指を離します。 
C:ソースEQグラフがターゲットEQグラフにコピーされます。
Copyright © 2022 Cakewalk, Inc. All rights reserved
Sitemap | Privacy Policy | Legal