Cakewalk // Documentation // SONAR // Microsoft Surface Dialのサポート
目次 前へ 次へ 索引

新機能 ► Microsoft Surface Dialのサポート

SONARは、トランスポートの制御、つまみやコントローラの調整、ズームなど、さまざまなアクションのコントロール機能を備えているMicrosoft Surface Dial をサポートしています。マウス、ペン、またはマルチタッチと併用することで作業効率を向上させることができます。
Surface Dialの使用
Surface Dialでは、シンプルな3つのジェスチャーがサポートされています。
*
長押し:Surface Dialを押したまま固定します。このジェスチャーにより、ラジアルメニューを開いて、Surface Dialの回転時に使用するモードを選択できるようになります(モードの選択を参照)。
*
回転:Surface Dialを左右どちらかに回します。この機能は、現在使用しているモードに応じて決定されます。SONARではSurface Dialの回転速度がサポートされており、Surface Dialを回す速さにより反応が速くなったり遅くなったりします。
*
クリック:マウスをクリックするのと同じ要領で、Surface Dialを押して放します。このジェスチャーで、トランスポートの開始と停止を行えます。
2.
Surface Dialを回して目的のモードをハイライトさせたら、クリックしてそのモードを選択します。
A. システムボリューム B. スクロール C. トランスポートモード D. コントロールモード E. ズームモード 
Surface Dialをクリックします。どのモードでも、再生の開始/停止は同じように操作できます。
1.
Surface Dialを長押ししてラジアルメニューを開いたら、トランスポートモード を選択します。
2.
再生が停止している状態で、ダイアルを左右どちらかに回して現在タイムを調整します。
1.
Surface Dialを長押ししてラジアルメニューを開いたら、コントロールモードを選択します
2.
マウスまたはタッチディスプレイを使用している場合は、調整したいコントロール値をクリックし、Surface Dialを回します。
1.
Surface Dialを長押ししてラジアルメニューを開いたら、ズームモードを選択します
2.
Surface Dialを左に回すと水平方向にズームアウトし、右に回すと水平方向にズームインします。
Surface Dialとコンピュータを正常に組み合わせている場合は、Windowsの設定 > デバイス > ホイールで、ツール、バイブレーション機能、利き手の指定などの初期設定をカスタマイズできます。
Copyright © 2022 Cakewalk, Inc. All rights reserved
Sitemap | Privacy Policy | Legal