Cakewalk // Documentation // SONAR // MIDIトランスフォームツール(Platinum のみ)
目次 前へ 次へ 索引

新機能 ► MIDIトランスフォームツール(Platinum のみ)

A: トランスフォームツール B: トランスフォームツールの境界ボックス 
*
ソフトモード ソフトモードを有効にすると、境界ボックスの内と外のコンティニュアスコントローラのイベント間の移行がトランスフォームツールによってスムーズに行わます。ソフトトランスフォームハンドルをドラッグすると、移行の幅を操作できます。ソフトモードでは、トランスフォームツールの使用時に、編集内容が急に大きくなることを防止できます。ソフトモードが有効の場合、トランスフォームツールの境界ボックスは角の丸い四角で描かれます。詳細については、ソフトモードを使う (Platinum のみ)を参照してください。
*
マスクモード マスクモードを有効にすると、境界ボックス内に表示されるコンティニュアスコントローラのイベントのみを編集できます。この機能により、選択したノートイベントに関連付けられているコンティニュアスコントローラのイベントにフォーカスするとき、近くにある他のコンティニュアスコントローラのイベントを誤って変更してしまうことを防ぐことができます。詳細については、マスクモードを使う (Platinum のみ)を参照してください。
*
オートフォーカス オートフォーカスを有効にすると、トランスフォームツールの境界ボックスが現在の選択内容に追従し、選択した時間の範囲と重複するコンティニュアスコントローラのイベントを自動的に囲みます。詳細については、 オートフォーカスを使う (Platinum のみ)を参照してください。
*
オートフォーカス(モノフォニック) オートフォーカス(モノフォニック)は、次のノートイベントまでコンティニュアスコントローラのイベントにのみフォーカスするという点以外では、オートフォーカスと同じものです。このモードは、レガート/モノフォニックの素材とともに使用します。このモードが適用されるのは、選択したノートイベントと次のノートイベントの重複率が50%以下の場合のみです。詳細については、オートフォーカス(モノフォニック)を使う (Platinum のみ)を参照してください。
A: 上/下に傾斜(Ramp) B: 上/下にスケール(Scale) C: ソフトモードの選択/選択解除 
D: 左/右でストレッチ(Stretch) E: 左/右にフレックス(Flex) 
*
境界ボックスの再入力:右のマウスボタンで、境界ボックスの外側をドラッグします。
*
境界ボックスのサイズ変更:右のマウスボタンで、境界ボックスの端(ハンドルではありません)または角をドラッグします。
*
境界ボックスの移動:右のマウスボタンで、境界ボックスの内側をドラッグします。
*
トランスフォームボタンを右クリックして表示されるメニューで、ソフトモードを選択します。
A:ソフトモードの選択/選択解除 B:なめらかさの度合いを調整(ハンドルを左/右にドラック) C:なめらかさの度合い
A: 急激なエッジ B: なめらかなエッジ
マスクモード を有効にすると、境界ボックス内に表示されるコンティニュアスコントローラのイベントのみを編集できます。この機能により、選択したノートイベントに関連付けられているコンティニュアスコントローラのイベントにフォーカスするとき、近くにある他のコンティニュアスコントローラのイベントが誤って変更されることを防ぐことができます。
マスクモードを有効にするには、トランスフォームボタンを右クリックして表示されるメニューで、マスクモードを選択します。有効にすると、境界ボックスの外側、コントローラ表示部の背景が薄暗くなります。
オートフォーカス を有効にすると、トランスフォームツールの境界ボックスが現在の選択内容に追従し、選択済みの時間範囲と重複するコンティニュアスコントローラのイベントを自動的に囲みます。この機能は、TabショートカットやShift+Tabショートカットで次のノートイベントや前のノートイベントにジャンプするときに、特にマスクモード と併用すると、とても便利です。
オートフォーカスを有効にするには、トランスフォームボタンを右クリックして表示されるメニューで、オートフォーカスを選択します。
レガートとモノフォニックの素材を録音するときはノートイベントが重複させることができます。このような場合、通常は選択したノートの最大デュレーションの代わりに、次のノートイベントまで拡張しているコンティニュアスコントローラのイベントのみをトランスフォームすることが推奨されます。オートフォーカス(モノフォニック) を使用すると、この操作を簡単に行えるようになります。オートフォーカス(モノフォニック)は、次のノートイベントまでコンティニュアスコントローラのイベントにのみフォーカスするという点以外では、従来のオートフォーカスと同じものです。
オートフォーカス(モノフォニック)を有効にするには、トランスフォームボタンを右クリックして表示されるメニューで、オートフォーカス(モノフォニック)を選択します。
A: 選択したノートイベント  B: 境界ボックスによっては選択したノートの最大デュレーションが拡張する
C: 境界ボックスによる拡張は次のノートイベントまで 
Copyright © 2022 Cakewalk, Inc. All rights reserved
Sitemap | Privacy Policy | Legal