Cakewalk // Documentation // SONAR LE // プロパティインスペクタ|クリップのプロパティ
目次 前へ 次へ 索引

インスペクタプロパティインスペクタの概要 ► プロパティインスペクタ|クリップのプロパティ

A: クリップのプロパティセクション B: グルーブクリップループセクション C: AudioSnapセクション D: エフェクトセクション
インスペクタ表示部の上部にあるClipタブをクリックし、Shift+Iを押します。
Clipタブをクリックして、クリッププロパティインスペクタを表示します。
list-image
プロパティヘッダーバー:クリックしてプロパティセクションの表示/非表示を切り替えます。
list-image
名前:選択されたクリップに名前を付けます。トラックビューおよびイベントリストビューで使われます。クリップの内容を覚えておくのに役立つような名前を割り当てておくことができます。
list-image
形式:選択されたクリップの開始タイムと長さを表示する形式を指定します。オプションには次のようなものがあります。
list-image
MBT:クリップの開始長さのプロパティが小節:拍:ティック形式で表示されます。
list-image
サンプル:クリップの開始長さのプロパティがサンプル数形式で表示されます。
list-image
HMSF:クリップの開始長さのプロパティが時:分:秒:フレーム形式で表示されます。
list-image
秒:クリップの開始長さのプロパティが秒数形式で表示されます。
list-image
開始:クリップの開始タイムを指定します。
list-image
長さ:クリップの長さが表示されます。
list-image
スナップオフセット(オーディオクリップのみ):スナップオフセット欄はオーディオクリップ専用です。t通常はクリップの先端を基準にスナップされますが、スナップオフセットを指定すると、クリップの任意の位置を基準にスナップできるようになります。スナップオフセットは、クリップの先頭からのサンプル単位で指定します。スナップオフセットは、スナップが機能するすべての操作に対して有効です。詳細については、スナップオフセットを参照してください。
list-image
オリジナルタイム:オリジナルタイムプロパティではクリップに関連付けられた、元の時:分:秒:フレームのタイムスタンプが保存・表示されます。これは、クリップが録音されたり、プロジェクトへインポートされた時間の時:分:秒:フレームのタイムスタンプです。オリジナルタイムプロパティは編集することができません。オリジナルのタイムスタンプに復帰するを参照してください。
list-image
タイムにロック:このセクションで2つのオプションから1つを選択し、テンポを変更したときにロックされているクリップがどうなるかをコントロールします。
list-image
小節:拍:クリップはプロジェクトの小節:拍の位置を保持し、プロジェクトの最初からの時刻位置が移動します。
list-image
実時間:クリップが実時間タイムベースに設定されている場合、絶対位置はそのままで、小節:拍:ティックの位置が移動します。
list-image
ミュート:クリップをミュートします。
list-image
ロック:クリップのデータや位置をロックします。ロックドロップダウンメニューには、次の設定項目があります。
list-image
位置とデータ:位置(タイム)とデータ(クリップに含まれる各種データ)がロックされ、クリップ上にロックアイコン が表示されます。
list-image
位置のみ:位置(タイム)のみがロックされ、クリップ上に黄色いロックアイコン(留め金が外れた状態) が表示されます。
list-image
データのみ:データ(クリップに含まれる各種データ)のみがロックされ、クリップ上に青いロックアイコン(留め金が外れた状態) が表示されます。
list-image
オートメーションの再生:クリップがオートメーションエンベロープに反応できるようにします。
メモ:クリップエンベロープは、親トラックの編集フィルターコントロールがクリップのオートメーションに設定されている場合にのみ表示/編集可能です。詳細については、編集するデータの種類の選択を参照してください。
list-image
リンクされているクリップ:選択されたクリップとリンクしているクリップの数を表示します。
list-image
前景色:選択されたクリップの波形またはノートの色を指定します。
list-image
背景色:選択されたクリップの背景色を指定します。
list-image
デフォルトの配色を使用する:選択されたクリップの色をデフォルト(編集|環境設定|カスタマイズ|配色で定義)に戻します。
list-image
グルーブクリップヘッダーバー:グルーブクリップセクションの表示/非表示を切り替えます。
list-image
ループ:選択されたクリップをグルーブクリップに変換します。グルーブクリップの右端をドラッグして長さを変更したり、クリップごとに繰り返し回数を指定することができます。また、ピッチマーカーを利用してクリップのトランスポーズを行うこともできます。グルーブクリップのプロパティの詳細については、グルーブクリップの使い方MIDIグルーブクリップを参照してください。
list-image
テンポにストレッチ(オーディオクリップのみ):選択されたクリップをプロジェクトのテンポに合わせてストレッチまたは縮ませます。ストレッチの量は、曲のテンポとオリジナルのテンポに依存します。
list-image
クリップのビート数:クリップに含まれる拍数を、4分音符換算で指定します。
list-image
list-image
プロジェクトのキーに従う:必要に応じて、ループをプロジェクトのキーにトランスポーズします。ループがAのキーで録音されて、曲のキーがCのとき、このボタンが押された状態では3半音上げられて再生されます。特定のタイムにマーカーを入力すれば、プロジェクトの途中からピッチを変更することもできます。これらのマーカーはピッチマーカーと呼ばれ、プロジェクトのキーに従う設定になっているグルーブクリップのみのピッチをトランスポーズします。
list-image
ルートノート:ノートが最初に録音されたときのキーを表します。プロジェクトのキーに従うがオンになっているときは、この情報を使ってループをトランスポーズさせて再生し、プロジェクトのキーやピッチマーカーに合わせます。
list-image
ピッチ(半音):プロジェクトのキーとは独立して、クリップのトランスポーズ量を直接指定します。正の値を入力すると、半音単位でクリップの音高が上がります。負の数を入力すると、半音単位で音高が下がります。プロジェクトのキーに従うがオンになっているときは、元のピッチに対するトランスポーズ量ではなく、プロジェクトのキーに合わせた状態からの変化量になります。
list-image
ファインピッチ(cent):クリップの音高を50セントの範囲で微調整します。1半音は100セントです。ファインピッチ1にすると、1/100半音だけ、高い音で再生されます。音高が微妙にずれたクリップを細かくチューニングすることができます。
list-image
AudioSnapヘッダーバー:クリックしてAudioSnapセクションの表示/非表示を切り替えます。
list-image
有効:選択されたオーディオクリップのAudioSnapの有効/無効を切り替えます。
list-image
平均のテンポ:クリップから検出したテンポの平均の候補が表示されます。クリップに複数のテンポが含まれ平均のテンポを検出できない場合、クリップを録音またはインポートした位置に設定されているプロジェクトのテンポが割り当てられます。また、平均のテンポを変更するとクリップのテンポマップの拍数も変更されます。
list-image
プロジェクトのテンポに従う:クリップが、プロジェクトのテンポマップに従います。
list-image
テンポ反映分解能:プロジェクトのテンポに従うが選択されているときに、どの分解能でクリップがテンポの変化に従うかを指定します。次のオプションがあります。
list-image
メモ:プロジェクトのテンポに従うオプションが作用するのは、小節/音符単位を使用するように設定されたクリップ(クリッププロパティインスペクタでタイムにロックプロパティが小節:拍に設定されたクリップ)だけです。
list-image
フィルタースレッショルド:ボリュームによってAudioSnapトランジェントマーカーを無効にします。これで不要なマーカーが消去され、編集が簡単になります。値を大きくすると、ボリュームスレッショルドが大きくなり、スレッショルド以下のマーカーが無効になります。
list-image
フィルター分解能:選択したフィルター分解能の値で、タイムの位置に基づいてマーカーを無効にできます。これで不要なマーカーが消去され、編集が簡単になります。値を大きくすると小節/音符単位によってタイムウィンドウが大きくなり、表示されている小節/音符に一番近いマーカーが残り、その他のマーカーが無効になります。
list-image
オンラインレンダリング:リアルタイム再生中にストレッチアルゴリズムが使われます。レンダリングモードの詳細については、アルゴリズムとレンダリングを参照してください。次のオプションがあります。
list-image
トラック:オンライン欄に表示されたアルゴリズムを使用します。
list-image
グルーブクリップ:パーカッションレンダリングモードより処理能力を要さず、より高速に動作します。
list-image
パーカッション:パーカッションの素材で、特にストレッチが数BPM以上の場合には、グルーブクリップレンダリングモードよりも効果があります。
メモ:オンラインレンダリングモードは、再生中のプレビューのみを目的としたものです。最終的なオーディオの品質は、ミックスダウン/エクスポート時にオフラインレンダリングモードを適用することで大幅に向上します。
list-image
オフラインレンダリング:ストレッチしたオーディオをエクスポートまたはフリーズするときのアルゴリズムを選択できます。ドロップダウン・メニューから選べるのは次のとおりです。
list-image
トラック:オフラインレンダリング欄(編集|環境設定|プロジェクト|AudioSnap)に表示されたアルゴリズムを使用します。
list-image
Radius Mix:ポリフォニックでステレオのデータが含まれているクリップに主に使います。
list-image
Radius Mix Advanced:Radius Mixと同様ですが、保護の詳細度を調節するスムーススライダーが表示されます。
list-image
Radius Solo:モノフォニックでソロのインストゥルメントが含まれているクリップに主に使います。
list-image
Radius Solo(Bass):ソロベースインストゥルメントが含まれているクリップに主に使います。
list-image
Radius Solo(Vocal):ソロのボーカルが含まれているクリップに主に使います。
list-image
オンラインと同じ:オンライン欄と同じ選択を使います。
list-image
ストレッチオン:プロジェクトのテンポの変化にクリップが従います。これで、プロジェクトのテンポにあわせてクリップのストレッチが行われるようになります。ストレッチの際は、SONARはオリジナルBPM欄の設定を参照します。
list-image
ストレッチ量(%):クリップをストレッチする割合を指定します。
list-image
新規デュレーション:クリップをストレッチするデュレーションを指定します。
list-image
ストレッチ後の終点:クリップのストレッチの選択終点を指定します。
list-image
クリップのエフェクトヘッダーバー:エフェクトセクションの表示/非表示を切り替えます。このセクションでは、選択されたクリップにリアルタイムエフェクトを追加できます。
list-image
FX欄:右クリックすると、プラグインを挿入したり、ブラウザからプラグインをドラッグしたりできます。
Copyright © 2023 Cakewalk, Inc. All rights reserved
Sitemap | Privacy Policy | Legal