Cakewalk // Documentation // SONAR LE // スナップの設定
目次 前へ 次へ 索引

ツール ► スナップの設定

スナップの機能を使用するとクリップの移動、時間範囲での選択、エンベロープの入力が容易になります。スナップグリッドを使うには、スナップモジュールのスナップ ・ボタン をオンにし、グリッド分解能を、全音符、半音符、4分音符などの音符単位、絶対時間(フレーム数、秒数、またはサンプル数)、イベント、クリップの始点と終点、マーカー、オーディオトランジェントに設定します。グリッドには、全音符とオーディオトランジェントなど、複数の分解能を同時に設定することができます。スナップ・ボタンがオンのときにクリップまたはマーカーを動かすまたは貼り付けると、アイテムがスナップグリッドの一番近いポイントにスナップされます。
A:スナップオン/オフ  B:絶対スナップ / 相対スナップ  C:ランドマークイベントの設定  D:スナップ分解能(音符単位または絶対時間)  E:3連符  F:付点
list-image
スナップのオン/オフ スナップをオン/オフにします。オンにすると、スナップ分解能に対応した縦のグリッド線がトラックビューに表示されます。
list-image
絶対スナップ:データをスナップグリッドに揃えます。
list-image
相対スナップ:データをグリッド分解能を基準にして移動します。
list-image
分解能:指定した音符単位または絶対時間の分解能にスナップします。マウス・ボタンをクリックして押し続けると、異なるデュレーションをポップアップ・メニューから選択できます。絶対時間分解能(サンプル数、フレーム数、秒数)の場合は、その単位の数値を入力します。スマートグリッドが選択されていると、スナップ分解能が水平ズームレベルによって動的に決まります。スマートグリッドが有効になっている場合、クリップ表示部およびピアノロールビューの小節:拍:ティックタイムルーラは、関連するスナップ位置を表示するように最適化されます。
list-image
3連符 選択した音符単位分解能のデュレーションを元のデュレーションに対して2/3縮めます。3連符が有効になっている場合、3つのノートイベントが2つ分のスペースに入ります。
list-image
付点 選択した音符単位分解能のデュレーションを元の値の半分延ばします(150%)。
list-image
ランドマークイベント マーカー、現在タイム、クリップ、オーディオトランジェント、MIDIノート、およびオートメーションエンベロープノードなど、選択した基準にスナップします。必要な基準を選択するには、スナップ・ボタン を右クリックして、環境設定ダイアログを開き、スナップオプション・セクションのランドマークイベントの設定で必要なチェックボックスを選択します。クリップ表示部に現在表示されているトラック/レーンの基準にスナップします。
その他のスナップ設定にアクセスするには、編集|環境設定|カスタマイズ|スナップオプションを選択します(またはスナップ・ボタンを右クリックします)。
スナップセクションには、次の設定項目があります。
list-image
スナップの強さ:スナップ時の吸い寄せられる強さを指定します。これにより、移動イベントがスナップグリッドに引き寄せられる速さが決まります。
list-image
スナップテスト:イベントをドラッグして、現在のスナップの強さの設定をテストします。
list-image
オーディオのゼロクロスにスナップ:オーディオクリップの編集時に、オーディオ波形のゼロクロスポイントがグリッドになります。これにより、オーディオデータのつなぎ目に発生するノイズを軽減します。
list-image
ランドマークイベントの設定:コントロールバーのスナップモジュールのイベント・ボタンが有効になっていると、選択した基準にスナップします。
list-image
マーカー:マーカーにスナップします。
list-image
現在タイム:現在タイムにスナップします。
list-image
クリップ:クリップの先頭または末尾にスナップします。
list-image
オーディオのトランジェント:オーディオクリップ内のトランジェントマーカーにスナップします。
list-image
MIDIノート:MIDIクリップ内のノートイベントにスナップします。
list-image
オートメーションノード:オートメーションエンベロープノードにスナップします。
Copyright © 2022 Cakewalk, Inc. All rights reserved
Sitemap | Privacy Policy | Legal