Cakewalk // Documentation // SONAR X3 // PC4K S-Typeバス・コンプレッサーモジュール(Producerのみ)
目次 前へ 次へ 索引

ProChannel(ProducerおよびStudioのみ) ► PC4K S-Typeバス・コンプレッサーモジュール(Producerのみ)

A: クリッピングLED B: コンプレッサー有効/無効 C: VUメーター D: リリース E: メイクアップゲイン F: アタック G: スレッショルド H: サイドチェインハイパスフィルター I: サイドチェイン有効/無効 J: レシオ K: ドライ/ウェットレベル
list-image
クリッピングLED:コンプレッサーモジュールへの入力信号がクリッピングされているかどうかを示します。ProChannel信号チェインにひずみがある場合、クリッピングLEDがクリッピングの発生場所を特定します。
list-image
コンプレッサー有効/無効PC4K S-Typeバスコンプレッサーモジュールを有効/無効にします。
list-image
レベルメーター:ゲインリダクションの量を表示します。
list-image
スレッショルド:圧縮を行うレベルを設定します。入力信号レベルがスレッショルド未満である場合、圧縮は行われません。スレッショルドレベルに達すると、圧縮(自動ゲインリダクション)が行われ、レシオ、アタック、およびリリースの設定に従って入力信号のゲインが縮小されます。有効な範囲は-30~+20dBで、デフォルト値は-10dBです。
list-image
アタック:入力信号のレベルがスレッショルドに達してから、コンプレッサーがそれに反応するまでの時間を調整します。アタックの設定を速くすると、圧縮は瞬間的になります。アタックの設定を遅くすると、圧縮は徐々に増加し、速い設定に比べて信号のバリエーションが増えます。アタックはオーディオの性質に応じて調整する必要があります。有効な範囲は0.1~30ミリ秒で、デフォルト値は0.8ミリ秒です。
list-image
リリース:入力レベルがスレッショルド値を下回った後、コンプレッサーが非アクティブ状態に戻るのにかかる時間を調整します。リリース時間を短くすると圧縮の柔軟性が増し、入力信号への適応が可能になりますが、ゲインが瞬時に変化することによってサウンドが不快に感じられる場合があります。リリース時間を長くすると、信号のレベルがより均一になり、ひずみが小さくなりますが、全体的な圧縮を最大化することは難しくなります。これは、出力ボリュームを全体的に一定になるようにするために、入力レベルの変化を十分にすばやく補正することができないからです。有効な範囲は0.1~1.2秒およびAutoで、デフォルト値は0.5秒です。Autoを選択した場合、リリース時間は信号のピークの長さに依存します。
list-image
メイクアップ:自動ゲインリダクションを補正、つまり「メイクアップ」します。メイクアップゲインは、非圧縮のオーディオに対する圧縮されたオーディオの主観的なレベルのバランスを再調整する処理を指します。言い換えると、メイクアップゲインによって、処理されたオーディオの最も大きな音と最も小さな音のレベルの差が縮小されます。コンプレッサーはスレッショルドレベルを超えたオーディオのピークレベルを下げるので、コンプレッサー全体のレベルを上げてミックスのバランスを調整することができます。たとえば、ピークレベルが圧縮前と同じになるようにゲインを増加させた場合、オーディオの最も小さい部分も同じ量だけ増加し、事実上、ピークレベルは圧縮前と同じレベルに保ちながら、オーディオの最も小さい部分のレベルが上げられます。有効な範囲は-10~+30dBおよびAutoで、デフォルト値は0dBです。Autoを選択した場合、メイクアップゲインはレシオとスレッショルドの設定に基づいて自動的に計算されます。
list-image
レシオ:入力オーディオレベルがスレッショルドレベルを超えた後、信号に適用するゲインリダクション圧縮率を制御します。レシオは入力レベルと出力レベルとの差をdB単位で表したもので、スレッショルドレベルを超えた信号をどの程度圧縮するかを示します。たとえば、レシオが4:1の場合、入力レベルが4dB増加したときに、スレッショルドを超えた信号の出力レベルは1dBだけ増加します。以下のレシオを指定できます。
list-image
2:一般的なダイナミックレンジの圧縮が必要な場合に使用します。
list-image
4:一般的なダイナミックレンジの圧縮が必要な場合に使用します。
list-image
10:ピークリミッティングが必要な場合に使用します。
list-image
サイドチェイン:サイドチェインは通常、ある信号を別の信号のレベルに合わせて制限するために、コンプレッサーで使用する機能です。たとえば、キックドラムがあるところでベースギターのレベルを下げたり、話し手が話すときに音楽のレベルを下げたりするなど(ラジオやテレビ番組のバックグランドミュージックでよく使われます)の用途があります。オーディオトラック、バス、およびセンド出力を、サイドチェイン入力にルーティングできます。サイドチェインセクションには以下のコントロールがあります。
list-image
オン/オフ:すべてのトラック/バス/センド出力コントロールにおいて、オーディオの出力先としてコンプレッサーのサイドチェイン入力を有効/無効にします。
list-image
ハイパス:サイドチェイン入力にハイパスフィルターを適用します。有効な範囲はOFF~2kHzです。
list-image
ドライ/ウェット:未処理(ドライ)のオーディオ信号と処理済み(ウェット)のオーディオ信号のバランスを調整します。値の範囲は0~100%で、デフォルト値は100%です。
Copyright © 2020 Cakewalk, Inc. All rights reserved
Sitemap | Privacy Policy | Legal