Cakewalk // Documentation // SONAR X3 // QuadCurveイコライザーモジュール
目次 前へ 次へ 索引

ProChannel(ProducerおよびStudioのみ) ► QuadCurveイコライザーモジュール

list-image
インスペクタでコンパクトモードの表示/非表示を切り替える:インスペクタの下部にあるDisplayメニューをクリックし、モジュールオプション|ProChannelをポイントして、コンパクトEQモジュールを選択します。
list-image
コンソールビューでコンパクトモードの表示/非表示を切り替える:コンソールビューのオプション・メニューをクリックし、ProChannelをポイントして、コンパクトEQモジュールを選択します。
A: クリッピングLED B: QuadCurveイコライザー有効/無効 C: スタイル(Hybrid、Pure、E-Type、G-Type) D: グラフ E: バンド有効/無効(低域、中低域、中高域、高域) F: 中心周波数 G: Q H: レベル I: ハイバンドフィルタータイプ J: カットオフ周波数(ローパス) K: ローバンドフィルタータイプ L: カットオフ周波数(ハイパス) M: ハイパスフィルター有効/無効  N: ハイパスフィルタースロープ(Q) O: グロス有効/無効 P: ローパスフィルタースロープ(Q) Q: ローパスフィルター有効/無効
A: 低域バンド(赤) B: 中低域バンド(黄) C: 中高域バンド(緑) D: 高域バンド(青) E: ハイパスフィルター(黒) F: ローパスフィルター(黒)
list-image
クリッピングLED:QuadCurveイコライザーモジュールへの入力信号がクリッピングされているかどうかを示します。ProChannel信号チェインにひずみがある場合、クリッピングLEDがクリッピングの発生場所を特定します。
list-image
QuadCurveイコライザー有効/無効 QuadCurveイコライザーモジュールを有効/無効にします。
list-image
スタイル:イコライザーアルゴリズムを指定します。透過的なイコライゼーション(Pure)または特徴のあるイコライゼーション(HybridE-Type、およびG-Type)を選択します。スタイルによって、Q設定およびレベル設定の相互作用は異なります。スタイルには次のようなものがあります。
list-image
グラフ: イコライゼーションカーブを表示します。各バンドには独自の色が付けられており、すべてのバンドの合計値が白い線で表示されます。グラフを操作することによってイコライザーを調整します。詳細については、QuadCurveイコライザーのグラフを操作するを参照してください。
list-image
バンド有効/無効:低域 、中低域 、中高域 、および高域 の各バンドを有効/無効にします。バンドを有効にすると、イコライゼーションによって処理できるようになります。つまみとグラフのカーブは、バンドごとに色分けされています。
list-image
中心周波数:選択したバンド(低域、中低域、中高域、高域)の中心周波数を設定します。各バンドの有効な周波数の範囲は次のとおりです。
list-image
Q:選択したバンド(低域、中低域、中高域、高域)の幅を設定します。これによって、バンドの調整時に影響を受ける周辺周波数の量が指定されます。Q値を小さくするとフィルターバンドの帯域幅が大きくなり、その結果、サウンドのシェイピングがスムーズになって、「カラレーション」がほとんど聞こえなくなります。ただし、中心周波数から広い周波数範囲が影響を受けるので、フィルタリングの精度が低くなります。Q値を大きくすると帯域幅が縮小され、フィルターの精度は向上しますが、周波数スペクトルで鋭いディップやピークが作成されます。Qの幅はオクターブ単位で表されます。有効な範囲は0.1~16.0で、デフォルト値は1.3です。
list-image
レベル:選択したバンド(低域、中低域、中高域、高域)をブーストまたはアッテネートします。有効な範囲は-18.0~+18.0dBで、デフォルト値は0dBです。レベルコントローラでは、選択したEQタイプ(Hybrid、Pure、E-Type、またはG-Type)に応じて、Qパラメーターが操作されます。
list-image
ローバンドフィルタータイプ:ローバンドのベルモードとローシェルモードを切り替えます。ローバンドのベルモードでは、中心点の周囲の一定範囲の周波数がベル形にブーストまたはアッテネートされます。ローバンドのローシェルフモードでは、設定された周波数とそれ以下のすべての周波数がブーストまたはアッテネートされます。
list-image
ハイバンドフィルタータイプ:ハイバンドのベルモードとハイシェルモードを切り替えます。ハイバンドのベルモードでは、中心点の周囲の一定範囲の周波数がベル形にブーストまたはアッテネートされます。ハイバンドのハイシェルフモードでは、設定された周波数とそれ以上のすべての周波数がブーストまたはアッテネートされます。
list-image
ローパスフィルター有効/無効ローパスフィルターを有効にします。このフィルターは、ローパス周波数を上回る高周波数をアッテネートし、その他の周波数はフィルター処理せずに通します。
list-image
スロープ(ローパス):ローパスフィルターでローパス周波数を上回る周波数をアッテネートする比率を指定します。スロープはdB/オクターブで表されます。範囲は6~48dBで、6dBの幅で指定できます。
list-image
カットオフ周波数(ローパス):ローパスフィルターのカットオフ周波数を指定します。
list-image
ハイパスフィルター有効/無効ハイパスフィルターを有効にします。このフィルターは、ハイパス周波数を下回る低周波数をアッテネートし、その他の周波数はフィルター処理せずに通します。
list-image
スロープ(ハイパス):ハイパスフィルターでハイパス周波数を下回る周波数をアッテネートする比率を指定します。スロープはdB/オクターブで表されます。範囲は6~48dBで、6dBの幅で指定できます。
list-image
カットオフ周波数(ハイパス):ハイパスフィルターのカットオフ周波数を指定します。
list-image
グロスユニークなグロスフィルターを使用して、ハーシュネスを発生させずに、自然な息づかいと存在感をハイエンドに追加します。
A: クリックしてフライアウトパネルを開く B: 入力メーター C: EQ plot D: FFTスペクトルアナライザー E: 出力メーター F: フライアウトパネルを固定 G: フライアウトパネルを閉じる
次のいずれかを実行します。
次のいずれかを実行します。
Copyright © 2020 Cakewalk, Inc. All rights reserved
Sitemap | Privacy Policy | Legal