Cakewalk // Documentation // SONAR // オーディオデバイスの有効/無効の切り替え
目次 前へ 次へ 索引

オーディオパフォーマンスの改善システムコンフィギュレーション ► オーディオデバイスの有効/無効の切り替え

2.
入力デバイス出力デバイスで、それぞれ有効、無効を切り替えます。
3.
OKをクリックします。
通常、編集 > 環境設定 > オーディオ > デバイスの選択でデバイスを無効にするだけで、問題を回避できます。ただし、場合によっては、Windowsのコントロールパネルで、デバイスを無効にする必要があるかもしれません。
録音と再生時のタイミングマスターとなるオーディオデバイスを選択することができます。(入出力デバイスが1種類しかないときは、このデバイスが自動的に選択されます。)録音と再生にタイミングマスターとして異なるデバイスを選択した場合、若干のクロックの違いにより同期にずれが生じることがあります。一般的に、もっとも高性能のオーディオデバイスをタイミングマスターにすると良いでしょう。ただし、一部の多チャンネルオーディオデバイスは、複数のドライバを使用することがありますので注意してください。
2.
再生タイミングマスター録音タイミングマスターで、それぞれタイミングマスターとなるオーディオデバイスを選択します。
3.
OKをクリックします。
Copyright © 2022 Cakewalk, Inc. All rights reserved
Sitemap | Privacy Policy | Legal