Cakewalk // Documentation // SONAR // ドロップアウトやその他のオーディオに関連する問題
目次 前へ 次へ 索引

オーディオパフォーマンスの改善デジタルオーディオを扱う際のパフォーマンスを改善する ► ドロップアウトやその他のオーディオに関連する問題

*
編集 > 環境設定 > オーディオ > デバイスの設定を選択し、オーディオデバイスの確認ボタンをクリックします。
編集 > 環境設定 > オーディオ > 同期とキャッシュを選択し、再生 I/O バッファサイズ録音 I/O バッファサイズの値を変えてみながら、ハードディスクの特性に合った値を探します。
*
初期設定値は64です。この値を3216に減らしてみてください。値を変更するごとにダイアログを閉じて(OKをクリックする)、プロジェクトの録音/再生をテストしてみます。
*
問題が解決されない場合、今度はこの値を128256512などに増やしてみます。値を変更するごとにダイアログを閉じ、プロジェクトをテストします。
*
編集 > 環境設定 > オーディオ > デバイスの設定を選択します。バッファサイズのスライダーを、少し右に動かします(右側にその値が表示されます)。
*
値を変えるごとにダイアログを閉じ(OKをクリック)、曲を再生してみます。
2.
プロジェクトをCakewalkのバンドルファイル形式(拡張子(.cwb))で保存します。ファイル > 名前を付けて保存を選び、ファイルの種類バンドルファイルを選んで、保存ボタンをクリックします。
お使いのビデオカードのハードウェアアクセラレータを無効にするには、コントロールパネル(スタート > 設定 > コントロールパネル)を開きます。詳細設定ボタンをクリックします。トラブルシューティングタブを選び、ハードウェアアクセラレータのスライダーをひと目盛りずつ、なしのほうへ動かして、その都度録音や再生がうまくいくようになったか試してみます。もし問題が回避できないようであればスライダーをなしにしておきます。
SYSTEM.INIファイルをメモ帳(または任意のテキストエディタ)で開きます。[Hercules]というセクションで次の行がこのとおりになっているかどうかチェックします。
SYSTEM.INIファイルをメモ帳(または任意のテキストエディタ)で開きます。[mga.drv]というセクションに次の行を追加します。
スタート > 設定 > コントロールパネル > 画面 > MGA Settings > Advanced > Performance
スタート > 設定 > コントロールパネル > 画面 > 設定 > PowerDeskボタン
SYSTEM.INIファイルをメモ帳(または任意のテキストエディタ)で開きます。
*
オーディオデバイスが他のデバイスとIRQを共有しないようにします。オーディオデバイスの中にはIRQを共有しても正しく動作すると謳っているものもありますが、通常IRQの共有は避けることをお勧めします。IRQを共有しないようにするにはマイコンピュータを右クリックし、ポップアップメニューからプロパティを選びます。システムのプロパティダイアログで、デバイスマネージャタブをクリックし、リストの一番上にあるコンピュータアイコンをダブルクリックします。ここでは使用中のシステムにあるすべてのデバイスのリストと、各デバイスが使っているIRQが表示されます。使用中のオーディオデバイスが見えるようにスクロールし、そのIRQを確認します(IRQはアイコンのとなりに表示されます)。PCIステアリング用IRQホルダというような名前のものが同じIRQになっていてもこれとは衝突することはありませんので無視してください。
*
編集 > 環境設定 > オーディオ > デバイスの選択を選択し、使用中のオーディオデバイスの入力および出力デバイスのみが、両リストでハイライト表示されていることを確認します(2つ以上のオーディオデバイスがシステムにインストールされている場合は1つだけを使うようにし、それ以外のデバイスは選択しないようにします。1つのオーディオデバイスだけを使えばオーディオを正しく録音/再生でき、2つのカードを同時に使うと問題が起こるようなら、この2つのオーディオデバイスの間で衝突が起こっている可能性があります)。
他のデバイスを無効にするには、Windowsのコントロールパネルでサウンドとタルチメディアアイコンをダブルクリックします。デバイスタブをクリックし、オーディオデバイスの“+”をクリックします。リストにある使用中のオーディオデバイス以外のオーディオデバイスをダブルクリックし、このデバイス上でオーディオ機能を使わないを選んでOKをクリックします。ボイスモデム、ゲーム互換デバイスも含めて、使用中のオーディオデバイス以外のデバイスが他にもあればこの手順を繰り返します。使用するオーディオデバイスだけが残ったらOKをクリックしコンピュータを再起動します。再起動したらCakewalkフォルダのAud.iniファイルを削除します。ファイルを削除したらSONARを起動しオーディオデバイスを解析させます。解析できたらオーディオの録音/再生ができるか試してみます。
*
問題を解決できない場合、使用するMIDIデバイスも選択しないようにしてみます。SONARで編集 > 環境設定 > MIDI > デバイスの選択を選択し、入力デバイス、出力デバイス両方のすべてのMIDIデバイスの選択を解除します。警告メッセージが表示されるので、出力デバイスを選択せず続行および、入力デバイスを選択せず続行をクリックしてオーディオの録音/再生を試してみます。
*
同時に再生されるトラックの数を減らします。場合によっては、オーディオトラックのうちいくつかをミックスダウンして1つのトラックにまとめ(トラックビューのトラック > トラックにバウンスを使います)、その元の各トラックをアーカイブします(アーカイブしたトラックは再生時に全く処理されないので、CPU処理を節約できます)。
*
ハードディスクコントローラが、MS-DOS互換モードで動作するように設定されていないことを確認します。互換モードではハードディスクのデータ転送が極端に遅くなり、ほとんどの場合SONARでオーディオを正しく録音/再生できません。設定を確認するには、コントロールパネルのシステムアイコンをダブルクリックし、パフォーマンスタブをクリックします。画面上部のファイルシステムと仮想メモリの設定を見ます。ここには32ビットと表示されていなければなりません。もしMS-DOS互換モードと表示されていたら問題は深刻で、SONAR側で解決できる範囲を超えています。MS-DOS互換モードの表示が出ている限り、オーディオデータの処理は非常に遅くなり、SONARはまともに動作しません。この問題に関しては、Windowsのヘルプ、またはコンピュータのサポート窓口にお問い合わせください。この問題は、新しいハードディスクをコンピュータにインストールする際に起こります。ディスクに合ったドライバが見つからないと、Windowsは一般的なドライバをインストールしMS-DOS互換モードで動作します。
Copyright © 2021 Cakewalk, Inc. All rights reserved
Sitemap | Privacy Policy | Legal