Cakewalk // Documentation // SONAR // シンセラックの使用
目次 前へ 次へ 索引

ブラウザ ► シンセラックの使用

メモ:SONARのコアインストーラに、すべてのソフトウェアインストゥルメントは含まれていません。Cakewalk Command Center(Cakewalk Command Centerを参照)からオプションのインストゥルメントをダウンロードしてインストールしてください。
A:プラグインシンセの挿入 B:シンセ削除 C:シンセのプロパティ D:シンセの設定メニュー 
E:プラグインシンセの挿入 F:ドッキング解除G:ドックオプション H:折りたたむ/展開する 
I:インストゥルメントリスト J:シンセのオートメーション設定
A: 接続/ 接続解除 ( 画面上部またはMultiDockでフローティングまたはドッキングされている場合のみ) B:シンセ名 C:プリセット選択ツール D:ミュート E:ソロ F: フリーズ/アンフリーズ G: オートメーションされたつまみ 
H:シンセアイコン I:オートメーショントラック J:オートメーションの再生 K:オートメーションの記録 L:コントローラ割り当て M:コントローラの表示/非表示
*
シンセの設定メニュー:選択したプラグインシンセの挿入、削除、フリーズを実行したり、他の関連オプションを指定したりできます。メニューには次のようなコマンドがあります。
*
プラグインシンセの挿入オプション:プラグインシンセの挿入オプションダイアログ(プラグインシンセの挿入オプションダイアログを参照)を開きます。このダイアログでは、新しいプラグインシンセを挿入するときの動作を指定できます。
*
シンセのプロパティ:選択されたプラグインシンセのユーザーインターフェースを開きます。シンセのシンセラック行の空きスペースをダブルクリックしても、このシンセのユーザーインターフェースを開くことができます。
*
シンセの置き換え:このサブメニューを使用すれば、選択されているシンセを使用可能なその他のシンセで置き換えることができます。
*
シンセ削除:選択したプラグインシンセまたはReWireデバイスを現在のプロジェクトから削除します。
*
シンセの接続/ 解除:  選択したシンセを接続/ 解除すると、シンセに関連付けられているすべてのトラックがミュートされ、メモリーとCPU が解放されます。
*
MIDI出力を使用:選択したプラグインシンセが組み込みのアルペジエーターなどのコンポーネントからMIDIデータを生成できる場合に、この新しいMIDIデータを記録または出力先の変更をするには、MIDI出力を使用を選択します。
*
接続解除時にシンセをアンロード:このオプションを選択すると、プラグインシンセをフリーズするか、シンセラックビューでシンセの接続を切断することで、そのシンセが使用していたメモリを開放できます。シンセによっては(特にサンプルを使用するシンセでは)、これで大量のメモリを開放することができます。ただし、この軸上では、ピッチを変えると時間も変更してしまいます。また時間を変更した場合、ピッチも変更してしまいます。
*
カレントMIDIトラックをThru:このオプションを選択すると、シンセラックでのシンセの選択や、トラックのインプットモニターボタンのオン/オフに関係なく、受信したMIDIデータは、常にカレントトラックからThruされます。
*
シンセのアイコンを表示 :  シンセラックでシンセのアイコンを表示/ 非表示にします。
*
スマートミュート オン:  このオプションが無効になっている場合、プラグインシンセの、分割されたMIDI/オーディオトラックをそれぞれ個別にミュートできます。
*
シンセ挿入 新しいプラグインシンセを挿入します。
*
プラグインシンセ: 利用可能なすべてのプラグインシンセを表示します。プラグインシンセを現在のプロジェクトに挿入するかインストゥルメントトラックに追加する場合は、目的のプラグインシンセをクリックします。 また、メディアブラウザでは、アクティブなプラグインシンセを使用して、MIDIファイルをプレビューすることもできます。
*
プラグインシンセ> プラグインレイアウト> レイアウトの管理:  各レイアウトでプラグインを作成、削除、編集するための、Cakewalk プラグインマネージャを開きます。
*
プラグインシンセ> プラグインレイアウト> < レイアウトの一覧>:  プラグインレイアウトメニューには、Cakewalk プラグインマネージャが保持しているすべてのレイアウトが表示されます。
*
ReWire デバイス:  利用可能なすべてのReWire デバイスを表示します。ReWireデバイスを現在のプロジェクトに挿入するかインストゥルメントトラックに追加する場合は、目的のReWireデバイスをクリックします。 また、メディアブラウザでは、アクティブなReWireデバイスを使用して、MIDIファイルをプレビューすることもできます。
*
シンセ削除 選択されたプラグインシンセを削除します。
*
プラグインシンセの挿入オプション :プラグインシンセの挿入オプションダイアログを開きます。このダイアログでは、新しいプラグインシンセのオプションを指定できます。
*
シンセのオートメーション設定メニュー:表示するトラックの指定や選択したプラグインシンセのオートメーションデータの記録を行うことができます。
*
シンセの作成に使用したトラックの名前:初期設定では、オートメーションデータは、プラグインシンセの作成に使用したトラックに表示および記録されます。
*
オーディオトラックこのサブメニューを使用すれば、選択したオートメーションデータの記録や表示に使用するトラックを、プロジェクト内の使用可能なトラックから選択できます。
*
インストゥルメントリスト:プロジェクトに挿入されたインストゥルメントは、インストゥルメントリストに表示され、次のコントロールを表示します。
*
接続/接続解除:シンセを接続解除すると、シンセに関連付けられているすべてのトラックがミュートされ、メモリーとCPUサイクルが解放されます。
*
シンセアイコン:プラグインシンセをグラフィックで表します。割り当てられているアイコンを管理するには、アイコンを右クリックします。このコントロールは、シンセラックがドッキングされていないか、MultiDockにドッキングされているときのみ利用できます。
*
シンセ名:プラグインシンセのデフォルトの名前です。シンセの名前を変更するには、名前をダブルクリックし、任意の名前を入力して、Enterキーを押します。
*
プリセット選択ツール:プラグインシンセに利用できるプリセットを選択できます。シンセラックがドッキングされていないか、MultiDockにドッキングされている場合は、左右の矢印をクリックして、利用可能なプリセット間を移動することもできます。
*
オートメーション:オートメーションリストを使用すると、表示するトラックの指定や、プラグインシンセのオートメーションデータの記録を行うことができます。このリストの機能は、シンセラックの上部に表示されるシンセのオートメーション設定メニューの機能と同じです。このコントロールは、シンセラックがドッキングされていないか、MultiDockにドッキングされているときのみ利用できます。
*
ミュート:シンセと、そのシンセのインスタンスに関連付けられているすべてのトラックをミュートまたはミュート解除します。
*
ソロ:シンセと、そのシンセのインスタンスに関連付けられているすべてのトラックにソロを適用または解除します。
*
フリーズ/アンフリーズ :シンセのフリーズボタンを右クリックすれば、ポップアップメニューからさまざまなフリーズオプションを使用できます。
*
シンセのフリーズ:  プラグインシンセをフリーズします。
*
シンセのアンフリーズ:  プラグインシンセをアンフリーズします。
*
シンセのクイックアンフリーズ:  プラグインシンセをクイックアンフリーズします。
*
フリーズオプション:  フリーズオプションダイアログを開きます。このダイアログでは、シンセをフリーズしたときの動作を指定できます。
*
シンセのクイックアンフリーズ/ 再フリーズ:プラグインシンセに対して、クイックアンフリーズ/再フリーズを実行します。このコントロールは、シンセラックがドッキングされていないか、MultiDockにドッキングされているときのみ利用できます。Shiftキーを押しながらシンセのフリーズボタンをクリックすることでも、クイックアンフリーズ/再フリーズを実行できます。
*
オートメーションの再生:プラグインシンセのオートメーションの再生を有効/無効にします。このコントロールは、シンセラックがドッキングされていないか、MultiDockにドッキングされているときのみ利用できます。
*
オートメーションの記録:プラグインシンセのオートメーションの記録を有効/無効にします。このコントロールは、シンセラックがドッキングされていないか、MultiDockにドッキングされているときのみ利用できます。
*
コントローラ割り当て:シンセのインターフェースのパラメーターを選び、コントローラつまみを作成します。このコントロールは、シンセラックがドッキングされていないか、MultiDockにドッキングされているときのみ利用できます。
*
コントローラの表示/非表示:コントローラ割り当てコマンドを使用して作成したオートメーションつまみを表示/非表示にします。このコントロールは、シンセラックがドッキングされていないか、MultiDockにドッキングされているときのみ利用できます。
*
オートメーションつまみ:コントローラ割り当てボタンを使って作成したつまみです。これらのつまみは、シンセラックのシンセのコントロールバーの下に表示されます。オートメーションつまみは、シンセラックがドッキングされていないか、MultiDockにドッキングされているときのみ利用できます。
Copyright © 2022 Cakewalk, Inc. All rights reserved
Sitemap | Privacy Policy | Legal