Cakewalk // Documentation // SONAR // Cycloneの使い方
目次 前へ 次へ 索引

Cyclone ► Cycloneの使い方

*
シンセラックビュー、または挿入 > プラグインシンセコマンドを使用してシンセを挿入できます。この方法では、同時にMIDIトラック、シンセトラックを作成することができます。必要であれば複数のオーディオトラックを同時に作成して、マルチアウト機能を使うこともできます。
*
オーディオトラックのFXラックで、他のプラグインエフェクトと同じ方法でプラグインします。この方法では、MIDIトラックのアウトプット欄を、挿入するプラグインシンセの名前に手動で設定しなければなりません。その後、プラグインシンセを演奏するMIDIトラックにMIDIデータを録音することができます。この方法では、マルチアウト機能を使うことはできません。
*
Loop Binにあるフォルダアイコンをクリックし、ファイルを開くダイアログを開きます。ループを選び、開くをクリックします。CycloneのLoop Bin欄にループが読み込まれます。
*
ループを読み込むパッドのフォルダアイコンをクリックします。ファイルを開くダイアログが開いたら、ループを選び、開くをクリックします。選んだパッドとLoop Bin欄の両方にループが読み込まれます。
*
Loop Bin欄でループを選び、Cycloneの再生ボタンをクリックします。
3.
プレビューボタンをクリックしてパッドを鳴らします。
パッドのループボタンが押し下げられているときは、ループは鳴り続けます。もう一度パッドをクリックすると停止します。
パッドのループボタンが押し下げられていないときは、ループの長さ分の再生が終わると停止します。その前にパッドをクリックして停止することもできます。
3.
パッドインスペクタで、Latchボタンをクリックして有効にします。インジケーターが緑色に変わります。
*
ループを読み込みたいパッドのフォルダアイコンをクリックします。ファイルを開くダイアログが開いたら、ループを選び、開くをクリックします。選んだパッドとLoop Bin欄の両方にループが読み込まれます。
*
ループが割り当てられたパッドのシンクボタンをクリックします。シンクボタンが緑色に表示されます。
2.
パッドインスペクタで、ピッチマーカーボタンをクリックします。ピッチマーカーが緑色に変わります。
2.
ループ表示部のキーボードボタンをクリックして、キーマップ表示部を表示します。
Pitch Rangeマーカーに挟まれた青色のキーが、パッドに割り当てたMIDIキーボードを表しています。黄色のキーは、オリジナルピッチでループを鳴らすための基準ノートです。
3.
Pitch Rangeの端(白い三角形のマーカー)をドラッグし、ループを鳴らす範囲を変更します。ループのピッチチェンジ機能がオンのときは、基準ノートから離れたノートでループを鳴らそうとすると、トランスポーズされます。
4.
黄色のキーをドラッグして、基準ノートを変更します。基準ノートはトリガー範囲内にある必要あります。
5.
MIDI Chn欄で、パッドを鳴らすときに使用するMIDIノートを選びます。
2.
ループ表示部のキーボードボタンをクリックして、キーマップ表示部を表示します。
3.
Velocity Low欄で、パッドを鳴らすベロシティの最低値を入力します。
4.
Velocity High欄で、パッドを鳴らすベロシティの最高値を入力します。
2.
MIDIトラックのアウトプットを、Cycloneに指定します。
Copyright © 2022 Cakewalk, Inc. All rights reserved
Sitemap | Privacy Policy | Legal