Cakewalk // Documentation // SONAR // リアルタイムエフェクトを使う
目次 前へ 次へ 索引

ミキシング ► リアルタイムエフェクトを使う

トラックビュー、トラックインスペクタ、およびコンソールビューからプラグインエフェクトを非破壊でリアルタイムに使うことができます(オフラインでエフェクトをかけるには、オーディオFXの反映を参照してください)。また、録音中のライブのインストゥルメントに、リアルタイムでプラグインエフェクトをかけることができます。インプットモニターがオンになっていることを確認します(インプットモニターを参照)。
*
破壊:エフェクトをかけることでオーディオデータそのものが変更されます。これによって目的は達成できるかもしれませんが、選択肢が限られてしまいます。たとえば、エフェクトの設定をちょっと変えたい時、あるいはかけたエフェクトを取り消して、違うエフェクトを試してみたくなったら、元に戻すコマンドを使うか、オリジナルデータをコピーしたものを再度復帰させる必要があります。
*
非破壊(リアルタイム):トラック内のオーディオデータ自体はそのままに、再生中にのみその場で効果を変えることができます。つまり、エフェクトの設定をあれこれ変えてみたり、エフェクトを通さない音を聴いたり、エフェクトをかけるのをやめたりといったことが即座に行えます。大抵の場合、エフェクトをかけるには複雑な数値計算が必要です。このため、リアルタイムエフェクトの処理は、コンピュータのCPUにかなり負荷をかけることになります。一度にたくさんのエフェクトを使うと、CPUはその計算に追いつくことができず、再生が途切れることがあります。
ファイル > エクスポート > オーディオを実行するときには、プラグインエフェクトの効果も同時にエクスポートされます。従って、事前にプロセス > オーディオFXの反映やトラックビューでトラック > トラックにバウンスを実行する必要はありません。詳細については、配布形式のオーディオを準備するを参照してください。
Copyright © 2021 Cakewalk, Inc. All rights reserved
Sitemap | Privacy Policy | Legal