Cakewalk // Documentation // SONAR // 現在タイムについて
目次 前へ 次へ 索引

プロジェクトの再生 ► 現在タイムについて

各プロジェクトには、プロジェクト内の位置を示すための現在タイム(現在タイムを参照)があります。現在タイムは、トラックビューのクリップ表示部に垂直の線で示されるほか、コントロールバーのトランスポートモジュール(トランスポートモジュールを参照)にも表示されます。
A:現在タイム(クリックすると表示可能な形式に順に変更される)  B:ポジション  C:メーター
*
小節:拍:ティック:小節:拍:ティック形式でタイム表示します。
*
時:分:秒:フレーム:時:分:秒:フレーム形式でタイム表示します。この形式はSMPTE時間とも呼ばれます。
*
ミリ秒:ミリ秒単位でタイム表示します。
*
サンプル:サンプル単位でタイム表示します。
表 20.  
表 21.  
クリップの表示オプションで、右(左)クリックで現在タイムを設定のオプションを選択していると、クリップ表示をクリックして現在タイムを変更させることができます。
表 22.  
再生または録音を停止すると、現在タイムがプロジェクトを停止した位置に残るか、現在タイムマーカーまで戻ります。この動作は、トラックビューのオプション > 停止時に現在タイムマーカーに戻る(またはCtrl+Wを押す)によって設定されています。詳細については、現在タイムマーカーを参照してください。
Copyright © 2022 Cakewalk, Inc. All rights reserved
Sitemap | Privacy Policy | Legal