Cakewalk // Documentation // SONAR // トランスポートのコントロール
目次 前へ 次へ 索引

プロジェクトの再生 ► トランスポートのコントロール

再生中に、現在タイムが進行しているにもかかわらず何も聴こえないような場合は、トラブルシューティングを参照してください。MIDIクロックやMIDIタイムコードのスレーブとして動作しているときは、再生を開始すると同期信号を受信するまで再生は始まりません。再生中にトラックビューなどの表示が現在タイムにあわせて更新されない場合は、Scroll Lockキーがオンになっていないか確認してください。詳細については、同期を参照してください。
メモ:SONARを使用するときは、Windowsの各種警告音やメッセージ音を、すべてオフにしてください。これらは、SONARでの音楽制作において、無意味であるだけでなく、SONARの動作を止めることもあります。これらのメッセージ音を止めるには、Windowsのコントロールパネル(スタート > コントロールパネル)のサウンドアイコンをダブルクリックしてサウンドダイアログを開き、サウンドタブをクリックしてサウンド設定サウンドなしにします。適用をクリックして、OKをクリックします。
表 26.  
トランスポートモジュールにある をクリックする、またはWキーを押す。
*
一時停止ボタン をクリックします。
*
一時停止ボタン をクリックします。
*
再生ボタン をクリックします。
トランスポートモジュールには、専用の巻き戻しボタン 早送りボタン があり、再生中にスムーズに巻き戻し/早送りを行うことができます。
巻き戻し/早送りをするには、巻き戻しボタン または早送りボタン をクリックし、再生を再開する時点までボタンを押し続けます。
トラックビューのオプションメニューで、プロジェクトの終わりで停止が選択されていないことを確認します。
トラックビューのオプション > プロジェクトの終わりで停止では、プロジェクトの最終イベント以降の再生を許可するかどうかを指定します。このオプションはデフォルトで有効になっています。
1.
編集 > 環境設定を選択して環境設定ダイアログを開き、オーディオ > オプションをクリックします。
*
演奏開始時にフェードイン(msec):このオプションに0より大きな値を設定すると、再生開始時に指定した時間をかけて徐々にフェードインします。有効な範囲は0~100000で、デフォルト値は0です。
*
演奏停止時にフェードアウト(msec):このオプションに0より大きな値を設定すると、再生停止時に指定した時間をかけて徐々にフェードアウトします。有効な範囲は0~100000で、デフォルト値は0です。
Copyright © 2022 Cakewalk, Inc. All rights reserved
Sitemap | Privacy Policy | Legal