Cakewalk // Documentation // SONAR // Tube Saturationモジュール(Platinumのみ)
目次 前へ 次へ 索引

ProChannel(PlatinumおよびProfessionalのみ) ► Tube Saturationモジュール(Platinumのみ)

A: クリッピングLED B: Tube Saturation有効/無効 C: モニターインジケーター D: インプットゲイン 
E: ドライブ(レベル)  F: アウトプットゲイン G: サチュレーションの種類
*
サチュレーションの種類:目的のTube Saturationの種類を選択します。
*
タイプ1:タイプ1は純粋なチューブエミュレーションを提供します。
*
タイプ2:タイプ2はデュアルチューブエミュレーションを提供します。第2のチューブはハイエンドで特殊なクロスオーバーフィルターを適用し、高周波数を処理しません。これによって、シューシューという音のひずみがなくなり、金属的に聞こえます。結果として、高周波数は優しいTube Saturationになります。
*
クリッピングLED:Tube Saturationモジュールへの入力信号がクリッピングされているかどうかを示します。ProChannel信号チェイン内でひずみが生じている場合、クリッピングLEDによってどこのモジュールでクリッピングが生じているかを特定することができます。
*
Tube Saturation有効/無効 Tube Saturationモジュールを有効/無効にします。
*
インプットゲイン:前処理されたオーディオ信号に最終的なゲイン調整を適用します。微調整を行うには、Shiftキーを押しながらコントロールを調節します。
*
ドライブ:前処理された入力信号をサチュレーション処理する量を調整します。有効な範囲は0%(サチュレーションなし)~100%(サチュレーション大)で、デフォルト値は0%です。微調整を行うには、Shiftキーを押しながらコントロールを調節します。
*
アウトプットゲイン:後処理されたオーディオ信号に最終的なゲイン調整を適用します。微調整を行うには、Shiftキーを押しながらコントロールを調節します。
*
サチュレーションインジケーター Tube Saturationでの処理を表示します。入力信号の処理中はアイコンが点灯します。
Copyright © 2021 Cakewalk, Inc. All rights reserved
Sitemap | Privacy Policy | Legal