Cakewalk // Documentation // SONAR // Tape Emulatorモジュール(Platinumのみ)
目次 前へ 次へ 索引

ProChannel(PlatinumおよびProfessionalのみ) ► Tape Emulatorモジュール(Platinumのみ)

A:クリッピングLED B:Tape Emulator有効/無効 C:録音レベル(入力ゲイン) D:ノイズ(テープヒス) 
E:テープの速度 F:バイアス G:リンク H:再生レベル
デジタルオーディオでは、望ましくないクリッピングが発生する前に、0dBまでのオーディオレベルを録音できます。これは"過大入力"として知られています。アナログのテープ録音にも上限がありますが、デジタルクリッピングと違うのは、上限に近付くと信号が圧縮したりわずかに歪んだりする点です。望ましくないディストーションが発生する手前で通常、数デシベルの「スイートスポット」が存在しています。テープサチュレーションは多くの人が好む音であるため、レコーディングエンジニアは長い間これを有用なミキシングツールとして使ってきました。
*
クリッピングLED:Tape Emulatorモジュールへの入力信号がクリッピングされているかどうかを示します。ProChannel信号チェイン内でひずみが生じている場合、クリッピングLEDによってどこのモジュールでクリッピングが生じているかを特定することができます。
*
Tape Emulator有効/無効 Tape Emulatorモジュール動作の有効/無効を切り替えます。
*
ノイズ:シミュレートされたテープヒスのレベルを調整します。
*
録音レベル:前処理されたオーディオ信号(入力レベル)に最終的なゲイン調整を適用します。大音量では、より多くの圧縮やサチュレーションが発生します。
*
PBレベル:後処理されたオーディオ信号(出力レベル)に最終的なゲイン調整を適用します。
*
テープスピード:シミュレートされたテープスピードを調整します。これは圧縮の動作に影響します。これには、次の2つの設定があります。
*
7.5 INS:低速のテープスピードになります。より多く圧縮され、暖かみのある音色になり、高周波は含まれません。
*
15 INS:標準的なテープスピードになります。圧縮のアタック時間がより早くなります。
*
バイアス:磁気テープは、信号レベルが低い場合は非線形応答になります。テープバイアスは、入力信号をテープの磁化特性の線形範囲へを移動させることによって、信号の弱いアナログの磁気テープに、より忠実に録音できるようにします。その結果、低周波および中周波のひずみが少なくなります。これには、次の2つの設定があります。
*
オーバー:低周波および中周波のシューシューという音のひずみを減らし、ノイズレベルと相互に作用します。
*
通常:標準レベルのディストーションを設定します。
*
リンク:リンクが有効な場合、ユニティゲインを維持するために録音レベルPBレベルつまみがリンクされます。無効な場合、録音レベルPBレベルつまみは独立して動作します。
Copyright © 2021 Cakewalk, Inc. All rights reserved
Sitemap | Privacy Policy | Legal