Cakewalk // Documentation // SONAR // Panipulator
目次 前へ 次へ 索引


Panipulator
A:クリッピングLED  B:Panipulator有効/無効  C:Flip L/R  D:Mono  E:R Polarity  F:L Polarity  G:Monoモード
*
ステレオミックスがモノラルにまとめて再生される場合。Monoスイッチで、モノラルとステレオを切り替えます。大きなつまみを使用して、目的のモノラルモードを選択します。
*
スピーカーが逆に接続されている場合。L PolarityスイッチまたはR Polarityスイッチで、左チャンネルまたは右チャンネルの極性を切り替えます。
*
誤ってステレオトラックを逆極性で録音してしまった場合、またはマイクの位相がずれていた場合は、L PolarityスイッチかR Polarityスイッチが役立ちます。これは、ドラムオーバーヘッドでよく生じる問題です。
*
クリッピングLED:Panipulatorモジュールへの入力信号がクリッピングされているかどうかを示します。ProChannel信号チェイン内でひずみが生じている場合、クリッピングLEDによってどこのモジュールでクリッピングが生じているかを特定することができます。
*
Panipulator有効/無効 Panipulatorモジュールの有効/無効を切り替えます。
*
Flip L/R:左右チャンネルを入れ換えます。
*
L Polarity:左チャンネルの極性(位相)を反転します。
*
R Polarity:右チャンネルの極性(位相)を反転します。
*
Mono:ステレオ信号をモノラルにまとめます。
*
モノラルモード:モノラルモードを選択します。これにより、多様なセットアップの互換性を確認できます。次のモノラルモードを使用できます。
Copyright © 2021 Cakewalk, Inc. All rights reserved
Sitemap | Privacy Policy | Legal