Cakewalk // Documentation // SONAR // プロジェクトの保存
目次 前へ 次へ 索引

録音 ► プロジェクトの保存

Windowsの多くのプログラムと同様に、作業内容を保存するには、ファイル > 保存あるいはファイル > 名前を付けて保存コマンドを使います。通常、プロジェクトは、拡張子が(*.cwp)の、標準的なプロジェクトファイル形式で保存します。このファイルにはすべてのMIDIデータとプロジェクトの設定情報が含まれます。プロジェクトの一部に含まれるオーディオデータは、別のファイルに保管されます(詳細については、システムコンフィギュレーションを参照してください)。ファイル > コピー保存コマンドは、ファイル > 名前を付けて保存コマンドと似ていますが、これを使用すると、元のプロジェクトを閉じることなく、現在のプロジェクトのコピーを別の名前で保存できます。
表 44.  
メモ:ビデオのデータはバンドルファイルには含まれません。
プロジェクトの内容を変更したあとで、トラックビューを閉じたり、ファイル > 閉じるを実行すると、変更した内容を保存するかどうか確認されます。これによって、誤ってデータを失うことを防ぐことができます。プロジェクトに変更が加えられると、トラックビューのタイトルバーにアスタリスク(*)がついて表示されます。
1.
ファイル > 名前を付けて保存を選択して、名前を付けて保存ダイアログを表示します。
3.
ファイル名を入力して、保存をクリックします。
1.
自動保存の設定にアクセスするには、編集 > 環境設定 > ファイル > 詳細を選択します。
4.
OKをクリックします。
1.
復帰設定にアクセスするには、編集 > 環境設定 > ファイル > 詳細を選択します。
2.
プロジェクトファイル(.CWP)の復帰機能チェックボックスをオンにします。
1.
メニューからファイル > 復帰を選択します。
3.
OKをクリックします。
メモ:ファイル > 復帰を選んだときに現在のプロジェクトが保存されていない場合は、プロジェクトを以前の状態に戻すと、保存されていない変更が失われるという注意文が表示されます。以前のプロジェクトが読み込まれると、タイムスタンプが取れて、プロジェクトの元の名前になります。
Copyright © 2022 Cakewalk, Inc. All rights reserved
Sitemap | Privacy Policy | Legal