Cakewalk // Documentation // SONAR // シンセを録音または演奏する際に、ディレイまたはレイテンシが発生する
目次 前へ 次へ 索引

トラブルシューティングオーディオおよびMIDIに関するFAQ ► シンセを録音または演奏する際に、ディレイまたはレイテンシが発生する

2.
バッファサイズスライダーを小(応答速度重視)の方向に調節します。
ASIOドライバを使用している場合は、バッファサイズスライダーが無効になります。その場合にバッファサイズ/レイテンシの設定を調節するには、サウンドカード独自のコントロールパネルを使用する必要があります。ASIOパネルボタンをクリックします。これにより、サウンドカード独自のコントロールパネルが開きます。ASIOパネルボタンをクリックしてもデバイスのコントロールパネルが開かない場合は、Windowsのコントロールパネルまたはタスクバーから開いてみてください。
3.
編集 > 環境設定 > オーディオ > オプションMME(32-Bit)ドライバモードへの切り替えが強制される場合、レイテンシを最小限に抑えることができない可能性があります。その場合は、www.cakewalk.com/Support/Knowledge-Base/2007013101/Open-Audio-Hardware-Guideで追加情報を入手してください。
バッファサイズを小さくしてから、その変更を有効にするために、編集 > 環境設定 > オーディオ > デバイスの設定オーディオデバイスの確認ボタンをクリックする必要があります。
メモ:ASIOドライバを使用している場合、オーディオデバイスの確認ボタンは使用できません。
1.
デバイスにASIOドライバが付属している場合は、編集 > 環境設定 > オーディオ > オプションを選択し、ドライバモードASIOに変更します。
2.
編集 > 環境設定 > オーディオ > デバイスの設定を選択し、ASIOパネルボタンをクリックします。これにより、サウンドカード独自のコントロールパネルが開きます。ASIOパネルボタンをクリックしてもデバイスのコントロールパネルが開かない場合は、Windowsのコントロールパネルまたはタスクバーから開いてみてください。
よくある質問のリストに戻る
Copyright © 2022 Cakewalk, Inc. All rights reserved
Sitemap | Privacy Policy | Legal