Cakewalk // Documentation // SONAR // 譜面ビュー
目次 前へ 次へ 索引

ビューリファレンス ► 譜面ビュー

*
メニューから表示 > 譜面ビューコマンドを選択する。
A:譜面ビューメニュー B:ズームイン/ズームアウト C:譜面表示部 D:編集ツール 
E:タイムとピッチのロケーター F: トラックリスト表示部 G:フレットボード表示部
*
印刷印刷ダイアログが開いて、楽譜を印刷できます。
*
印刷プレビュープレビューが表示され、印刷前にレイアウトの確認が行えます。
*
タブ譜をファイルに出力名前を付けて保存ダイアログを開きます。このダイアログでは、ファイル名と場所を指定してタブ譜をテキストファイルで保存することができます。
*
MusicXMLに出力名前を付けて保存ダイアログが開き、表示されている楽譜をMusicXMLとして出力することができます。詳細については、MusicXMLへのエクスポートを参照してください。
編集メニューには次のコマンドがあります。
*
レイアウト:譜面レイアウトダイアログを開きます。
*
クイックTAB:標準的な運指に基づいてタブ譜を作成します。また、この方法で作られたタブ譜が気に入らないようであれば、好みに応じてカスタマイズすることもできます。
*
タブ譜の再構成:新しいタブ譜を譜面表示部に再構成します。
*
前のステップ:現在タイムから、前の音符を再生します。
*
次のステップ:現在タイムから、次の音符を再生します。
表示メニューには次のコマンドがあります。
*
トラック表示部を表示:トラック表示部を表示を切り替えます。
*
フレットボードの表示/非表示:ギターのフレットボードの表示/非表示を切り替えます。
*
表示分解能:サブメニューにより譜面ビューに表示するもっとも短い音符のデュレーションを指定できます。
*
フィル音符の長さを、次の拍、または次の音符のいずれか先に来る方にあわせて表示します。
*
トリム:音符が重なるときに、重ならないよう調整して表示します。
トラックメニューには次のコマンドがあります。
*
トラックを選択:トラックを選択ダイアログを開きます。このダイアログでは、表示するトラックを選択できます。
*
次のトラックを表示:次のトラック、または次のトラックグループを表示します。
*
前のトラックを表示:前のトラック、または前のトラックグループを表示します。
*
ズームイン/アウト:水平および垂直方向にズームイン/アウトします。
*
Lyrics:ドローツールを使用して歌詞イベントを挿入できます。
*
Chords:ドローツールを使用してコードイベントを挿入できます。入力されたコードは、右クリックすると編集できます。
*
Expression:ドローツールを使用して強弱記号イベントを挿入できます。ドローツールを譜面の下でクリックすると、テキストボックスが開き、文字を入力できます。
*
Hairpin:ドローツールを使用してヘアピンイベント(クレッシェンド、デクレッシェンド)を挿入できます。
*
Pedal:ドローツールを使用してペダルイベントを挿入できます。ドローツールを譜面の下でクリックすると、ペダルを踏む記号と離す記号が対で入力されます。どちらの記号もドラッグして位置を調整できます。
*
カーソルポジション:マウスカーソルがあるタイムとピッチレベルが表示されます。ピッチレベルは文字と数字の形式で表示されます。
Copyright © 2022 Cakewalk, Inc. All rights reserved
Sitemap | Privacy Policy | Legal