Cakewalk // Documentation // SONAR // ビデオビュー
目次 前へ 次へ 索引

ビューリファレンス ► ビデオビュー

ビデオビューを開くには、表示 > ビデオコマンドを使用するか、Alt+Shift+2を押します。ビデオビューに加えて、トラックビューにはビデオサムネイルトラックも装備されています(サムネイル表示部を使うを参照)。ファイル > インポート > ビデオコマンドを実行すると、AVI、MPEG、QuickTimeビデオをプロジェクトに読み込むことができます。インポートされたビデオは、プロジェクトの再生に合わせてビデオビューにリアルタイム表示されます。ビデオビューには、現在タイムとビデオの映像が表示されます。ビデオビューで表示される映像は現在タイムと同期しており、ビデオの流れにランダムにアクセスすることができます。これにより、音楽やデジタルサウンドとビデオを簡単に合わせることができます。
ファイルの場所:インポートするビデオファイルがあるフォルダを指定します。
ファイル名:インポートするビデオファイルの名前を指定します。その上のリストからファイルを選ぶとその名前が自動的にこの欄に入ります。
ファイルの種類:ビデオファイルの形式を指定します。
ファイル情報の表示:このオプションをチェックすると、ビデオファイルのフォーマットタグ、オーディオのサンプルレート、および長さがオーディオサンプルと時間の両方で表示されます。
オーディオデータも読み込む:このオプションをチェックすると、ビデオファイルに収録されているオーディオファイルを映像といっしょに読み込みます。これを行うには先に空のトラックを選択しておいてください。
モノトラックでインポート:このオプションをチェックすると、ビデオファイルに収録されているオーディオファイルを、1つのステレオトラックではなく、2つの別個のトラックに読み込みます。
開く:オプションを指定したら開くボタンをクリックします。ビデオ(オプションの指定によりオーディオもいっしょに)がプロジェクトに読み込まれます。
Copyright © 2022 Cakewalk, Inc. All rights reserved
Sitemap | Privacy Policy | Legal